社会福祉法人日本点字図書館

 視覚障害者の文化の向上のために 〜 創立から75年を迎えました

日本点字図書館は、昭和15(1940)年11月、25歳の盲目の青年、本間一夫が私財を投じて設立しました。その目的とするところは、有益な点字図書を作成収集し、郵送貸出を主とするほか、館内閲覧に供し、盲人文化の向上をはかることでした。
 少数の点字図書から始まった当館は、現在は数万点の点字図書、録音図書を保有して利用者の需要に応えています。読書の方法は、従来の郵送貸出に加えて、図書のインターネット配信が可能になり、いつでも好きなときに楽しんでもらえるようになりました。
事業の紹介 当館は、点字図書、録音図書を合わせて約3万7千タイトル保有する日本最大規模の点字図書館です。貸出のほかにも、さまざまなサービスを提供しています。
図書の貸出、配信サービス
図書・雑誌の貸出 点字図書・録音図書、録音雑誌などを、全国の視覚障害者(登録者約1万3千人)、海外在住の視覚障害者へ無料で貸し出しています。来館して閲覧室で読んでもらうこともできます。
DVD映画の音声解説CDの貸出 映画の画面の様子を説明した音声解説CDを貸し出しています。当館で開発した専用ソフトをパソコンにインストールすれば、自宅でDVD映画を楽しむことができます。
図書の配信サービス 点字と録音の図書データを配信するサービスです。インターネット接続で、いつでも図書を利用することができます。
一人ひとりのニーズに応じる点訳、録音、および本の調査
専門対面リーディングサービス 来館者を対象に持参の専門図書や資料を対面で読み上げるサービスです。
希望点訳・個人朗読 当館や他の点字図書館にない教養図書、あるいは個人手持ちの活字資料を点訳または録音して渡します。
レファレンス・サービス 図書や資料の検索と紹介を行うサービスです。
各種の教室・相談会
* 中途視覚障害者のための点字教室
* 視覚障害者のためのパソコン教室
* 見えにくさの相談会 〜 弱視の人の相談会
* 機器の体験会
その他のサービス
* 用具の販売 〜 日常生活に便利な商品約900種を取り扱っています。無料の通信販売も。
* 点字図書の販売
* 視覚障害に関する活字資料の収集と閲覧供与
図書の製作、図書データの登録と管理
点字図書の製作 点訳ボランティアの方に自宅のパソコンで図書の点訳をしていただき、当館で点字プリンターで紙に打ち出し、製本します。
録音図書の製作 朗読ボランティアの方に自宅、または当館のスタジオで図書を朗読していただき、編集してCD図書にします。
図書ディジタルデータの登録と配信管理 図書のデジタルデータをサーバーに登録し、インターネットで配信できるようにシステムを管理しています。
情報の点字化、音声化 自治体広報誌、商品カタログ、点字メニュー、点字サイン、触知案内図などの製作・提供など


運営資金支援のお願い
図書を製作し、貸出と閲覧の利用に供し、附随するサービスを提供していくためには、多額の費用を必要とします。
公的な助成はありますが事業費の一部を賄う程度にとどまっていて、当館の事業の運営は民間団体・企業の援助、および理解し協力してくださる方の支援に支えられて成り立っています。
寄付による支援の募集 当館の事業目的に賛同し、寄付により支援してくださる方を募っています。
税法上の優遇措置 寄付金は、所得税、法人税等の優遇措置の対象になります。
所得税についてみると、寄付の金額が年間2000円を超える場合、寄付金控除が受けられます。
金銭のほかの支援方法も 不要の図書・CD、不要の商品券・図書券、書き損じのはがきなどを集めています。
店や職場などに募金箱を置いてくださる方を募っています。
申込み、問合せ窓口 当館にお申し込み、またはお問い合せ下さい。
詳細は、当館のホームページでご覧いただけます。

 寄付のお誘い目次  日本点字図書館の事業 日本点字図書館のホームページ

(151227更新)